【留学体験談】自分自身を成長させてくれたNew Zealand留学

目次

ニュージーランド留学のTomozumiさん

Q. 自己紹介(過去の職歴や今やっている活動)

私は、ニュージーランド留学歴は3年間で、日本のIPU環太平洋大学と連携しているIPU New Zealand大学という学校でELSクラスを通して英語を学習し、現在はDeplomaのTourismコースで勉強しています。留学し始めた当初から一年前までは、学校生活だけでなく外の正解を知るために地域支援プログラムなどにも参加しました。 

 

Q. 留学を決意した理由

昔から父からの影響もあり様々な国々に中学生の頃から旅行をする経験があったり英語を小学生のころから塾に通って勉強していたなど様々な理由があります。しかし、留学を使用と思った切っ掛けを最近振り返ってみると結論としては、自分自身を成長させる絶好の機会だと思ったからです。日本で一生懸命勉強して行くというのも一つの選択肢ではありましたが、海外に敢えて親元を離れ自分の身を置くことによって、自分自身これまで知らなかった魅力や弱さの部分も見えてきたり、海外の異文化や人々に触れることによって自分の言語能力だけでなく言葉に言い表しがたい人間の幅を伸ばせると思ったため留学を決意しました。

 

Q. コロナの中で留学して感じたこと

コロナ期に入ったのがちょうど日本時のせいと含め海外から留学をしてきている人が帰国した時期だったので、中には一年近く帰国できていない友達もいます。ニュージーランドで隔離4週間を余儀なくさせられたときは、なかなか友達にも会えないしかめらごしでのクラス参加になったので結構非効率さを感じ、やる気がダウンしていました。

しかし、一つコロナ期を過ごして気づいたことは、コロナのせいで勉強ができないというのはただの言い訳であり、自主勉強を通して能力を上げる大切な時間だったと感じています。 

 

Q. 留学してよかったと感じた出来事・瞬間

ニュージーランドの現地の人々と交流することによって英語力も伸びた一方、お互いの文化を共有出来たり自分に自信を持てるようになりました。加えて私は無宗教なのですが、キリスト教徒の友達が出会え初めてキリスト教の教えを聞いた時はこんな考えたをする人もいるんだと心を揺さぶられる経験をした覚えもあります。宗教含めいろんな人たちの考え方や行動から学べることがまだまだあるとニュージーランドに来て改めて感じさせられました。 

 

Q. 将来の夢、またそれに向かって取り組んでいること

大概の留学生がそうかもしれませんが、まだ自分も将来の仕事の的は定まっていません。敢えて一つ上げるとしたら、留学支援サポーターを考慮に入れています。それなので、普段意識していることは、多国籍の人との交流を増やしたり、いろんな場所に旅行をしたりして留学生としての意味を模索しながら生きることモットーにして勉学に励んでいます。一方、留学生の気持ちを理解するために成るべく色々な人会話をして留学の感想や留学中何を意識しているのかを参考にして自分を見詰め、比較するようにしています。 

 

Q. これからの留学生に向けてメッセージ!

結論から申し上げますと、留学を考えている方々は、躊躇しないで海外に飛び出すことをおすすめします。留学をしていない段階で留学する意義を見つけるのは不可能です。というより時間の無駄です。

私が言えることは、まず短期間でもいいので留学したうえで価値観を判断することが適作だと思います。私も実際に海外留学に踏み切ったことによって良いことも悪いことも含め勉強以外の部分でも、自分を結果的に成長させられたと自負しております。最後に気づいていただきたいことは留学をすることに損は全くありません、むしろ利益しかありません。

あなたが少しでも留学に目を向けているのであればチャレンジしてください。

 

Life Journeyでは世界中への留学をサポートしています。

以下の問い合わせフォーム・LINEで質問・問い合わせをお待ちしております。お気軽にどうぞ!

Share:

公式Youtube

毎日English

関連記事

カテゴリー

国別記事

最新投稿