2021年12月

海外大学進学に有利!最大230万円の奨学金でアメリカの全寮制高校に留学

 

映画で観るようなアメリカの高校に通ってみたい、子供を通わせてみたい、と思ったことがある方は結構多いのではないでしょうか?一方で、漠然としたイメージで入学のハードルが高そう・・費用も高額・・と考えた時に諦めている方も結構多いと思います。

たしかに費用は高額になります。学校により大きく変動しますが、一般的には430万円から770万円ほどかかります。しかしその分、奨学金が充実しているのも事実です!

Life Journeyが提携しているアメリカのほとんどのボーディングスクールでは、様々な種類の奨学金を給付しています。

今回は、その中でも給付額が今特に大きいオススメの学校、「Rivermont Collegiateについてご紹介します。記事の最後に奨学金のご案内がありますので、ぜひ学校の魅力とあわせてご覧ください!

 

そもそも、ボーディングスクールって?

ボーディングスクールとは、学生寮の施設をもつ学校の総称です。全ての生徒が寮生活を送る全寮制と、寮生と通学生の混合形式の場合がありますが、寮で暮らす学生は24時間体制で学校のサポートを受けられます。

 

ボーディングスクールで学ぶことのメリット

学生は、学校独自のカリキュラムにより、米国内・世界中から集まった学生達の中で学ぶことで、英語力や基礎科目の内容はもちろんのこと、リーダーシップクリティカルシンキング問題解決能力ライティングスキルなど、続きを読む

【最大2週間無料】隔離要らず?WITHコロナでも充実のマルタ留学!

※「マルタジュニア留学」の情報はこちら

新型コロナウイルスの影響により、未だ多くの国で入国制限・隔離措置が行われておりますが、政府と医療機関による徹底した対応によりウイルスの蔓延を抑え、留学生の受け入れを積極的に行っている国があります!それが「マルタ共和国」です!

イタリアのすぐ真下に位置する、地中海の島国マルタは、英語を勉強する上で穴場の留学先でもあります!

今回はそんな「マルタの魅力」や「今だけのお得なキャンペーン」についてご紹介します。

1.現地の留学生の声(2021年7月3日更新)

去年マルタ留学を実現されたShizukaさん。まずは現地からの様子をご覧ください♪マルタに行った気分になれちゃうかも?

そして2021年7月時点のマルタの様子をレポートしてくれたので、その内容をシェアします!

【簡単な自己紹介】

日本では新卒で航空会社に入社した後、広報職、フリーアナウンサーをしておりました。
25歳までに海外で起業するという人生の目標を叶えるために、まずは日本を出て十分な英語力を身に着けるとともに海外でマーケットを開拓しようと思い、留学しながら起業の準備をすると決めました。

【マルタを選んだ理由は?】

コロナによる隔離が不要な英語圏だったからです。
最初は消去法でしたが、調べを進めるうちにマルタ ”が” いい!と思いました。

フレンドリーな人々美しい海暖かな気候続きを読む

日本でビザ申請許可を待っている間に無料でお仕事手配!<<実は穴場な>>モントリオールで語学留学

留学やカナダ留学と聞いて思い浮かべるのはやはり、バンクーバーやトロントですか?モントリオールと聞いてピンと来る方も、歴史的な街やフランス語しか通じないということなど、ちょっと馴染みがなかったりハードルが高いイメージはありませんか?

もちろん、第一言語をフランス語とするケベック州はヨーロッパ文化が残っているため、そういった部分も残しながら、実は英語留学を目指す上でバンクーバーやトロントなどの人気都市にはない利点や魅力がたくさんあります!

そんな留学の穴場、「モントリオール」をオススメする理由をこれからご紹介していきます。

 

【公式LINEアカウント↓バナークリックで友達追加!

 

基本情報

モントリオールってどこにあるの?時差、アクセス、気候など

カナダ東部に位置するモントリオールは、トロントから電車で約4時間50分日本からはエアカナダによる直行便があり12時間15分程で到着します。(※現在はコロナの影響でバンクーバーか他の国の経由になります)日本との時差は14時間(サマ-タイム時は13時間)で、気候は夏は温かく冬は寒さが厳しいのが特徴ですが、9月後半頃から壮大なスケールのメープル街道の紅葉を楽しめるという魅力があります。そして厳しい冬の寒さでも、ダウンタウンの地下には巨大な地下街が張り巡らされているため、ショッピングやエンターテイメント、飲食店などの充実したエリアを楽しむことができます。

気になる言語は..?

モントリオールでは、人口の 50% は母国語が英語、同様に 50% がフランス語で、続きを読む