お得情報

【Life Journeyのみ!30ドルの割引特典付き★】カナダですぐに自分のスマホが使える!PhoneBoxとは?

 

自分のスマホをカナダでも使いたい!そんな方は現地SIMカードの購入がおすすめです。

この記事では現地SIMをリーズナブルに提供してくれるPhoneBoxをご紹介します!

また、Life Journeyを通してPhoneBox をご契約いただいたお客様には、PhoneBox からのお特な割引が貰えちゃいます!

カナダでご自身の携帯をお得に使いたい方は、是非チェックしてみてくださいね♪ →2.Life Journey Educationでさらにお得に!(特別プロモーション)

目次

1.PhoneBoxについて

2.Life Journey Educationでさらにお得に!(特別プロモーション)

3.PhoneBox おすすめの4つの理由

4.契約に必要なもの

5.料金プラン

6.ご利用の流れ

7.まとめ

8.特別プロモーションお申込みフォーム

1. PhoneBoxについて

PhoneBoxは、カナダ最大のネットワークを利用したケータイ通信サービスです。

カナダ現地でも日本語対応可能で、留学生やワーキングホリデーなどでカナダに行かれる方に人気のSIMカードです。

2. Life Journey Educationでさらにお得に!

現在、続きを読む

【保険料最大50%節約?!必要な補償だけを選んでリーズナブルに!】海外保険Timesについて

海外保険への加入は、海外留学の際の必須項目の一つです。

海外旅行に行く際も保険は重要ですが、海外旅行に比べて長期間になる海外留学では、必要な補償内容も異なってきます。

そのため、いつもの海外旅行保険にプラスして、留学特有の不安を保証できる保険内容を選ぶことが大切です。

でもどの保険会社を選べばいいか分からない…どの保険に加入するか、期間やプランの見極めはとても大切です。

この記事では、そんな留学特有の悩みや不安をカバーできる、海外留学、ワーホリ、出張、駐在、インターンシップ保険を専門に扱う弊社おすすめのエージェント、保険Timesをご紹介します!

目次

1.海外保険とは

2.保険加入のメリット

3.保険Timesの特徴

4.海外留学に必要な保険・補償とは

5.まとめ

1.海外保険とは

海外旅行に行ったことのある方、もしくは海外留学を考えた事のある方なら一度は思ったことがあると思います。

”外国で怪我や病気になったらどうしよう?もし盗難に遭ったら?”

この不安を解消してくれるのが海外保険です。海外旅行中に発生した怪我、病気などにかかった費用や盗難などで自分が受けた損害を補償してくれます。補償内容や料金はプランによって変わってくるので、自分に合ったものを選びましょう。

2.保険加入のメリット

・不測の事態が起こっても費用を抑えられる

特に滞在期間の長い留学やワーホリでは「治療・救援費用補償」がとても重要です。 海外の医療費は日本に比べて高額です。例えばカナダの医療費は日本の2-3倍で、診察だけでも1万円を超える医療費を請求されることがあります。旅行中は何が起こるかわかりませんし、環境の変化により体調を崩す人は多いです。私は大丈夫、という気持ちは捨てましょう。

・学校に通う人は医療保険加入が必須

カナダでは学校に入学を申請する際、保険証の提出や記入が求められます。入学を考えている方は加入を忘れずに行いましょう。入国審査の際、加入しているか問われるケースもあるそうです。

3.保険Timesの特徴

 

 自分の要望にあった補償だけを選んで、自由に内容をカスタマイズ

怪我や病気の際にかかる治療・救援費用補償、手荷物を盗まれてしまった際の携行品損害補償、航空機が到着しなかったなどの際の旅行事故緊急費用補償などなど…保険Timesなら、たくさんの補償の中から自分にピッタリの物だけを組み合わせられます。

必要な補償だけに絞ることができるため、保険料が最大50%節約できることも。

保険Timesはお客様の予算や希望に合わせて、最適な保険プランのご案内します!続きを読む

【2022年カナダワーキングホリデー】渡航前のお仕事手配無料サポート!

【新着】2022年のカナダワーキングホリデービザが1月17日より再開するとの発表がありました!

前年のワーキングホリデーは11月でいったん終了してしまっていたため、最後まで結果を受け取れなかった方は悔しい思いをしながら再開の発表を心待ちにしていたのではないでしょうか?

ワーキングホリデーは「休暇」「勉強」「働く」などご自身の希望に合わせた滞在スタイル、最長6ヶ月の就学、フルタイムでの勤務(週40時間)が可能で、自由度が高い人気のビザです。また、比較的ほかの国に比べて治安の良いカナダは、ワーホリ留学生たちの人気の渡航先でもあります!

この記事では、その気になる「2022年ワーキングホリデーの申請条件」や、皆さんが一番心配される「お仕事探し」の部分についてのサポート紹介をしていますので、ぜひチェックしてみてください!

2022年ワーキングホリデービザ申請条件

今年の日本人を対象とした定員は6500名で、去年と同じ人数になります。最初の抽選は1月17日(カナダ時間)より行われます。

例年と異なる点は、2021年にすでにプールに登録している人は情報が引き継がれるので、再登録の必要がないところです。ただし、プールに登録している情報が変わっていないか、確認が必要です。(例:年齢が30歳以下であることや、居住国が変わっていないかなど)

以下が今年の条件になります。

・日本国籍を有する者
・カナダ入国予定日より1年以上のパスポート有効期限があること
・日本の住所を記載できること
・申請時に、18歳〜30歳であること
・カナダ入国時点で、2500カナダドル程度あること(日本円で23万円程)
・海外医療保険に加入していること
・日本へ帰国するための航空券、もしくは航空券の購入費用があること
・ビザセンターでのバイオメトリクス登録

ビザ取得から渡航までの主な流れ

1.IECでプロフィールを作成し、プールに登録
2.移民局からInvitation Letter(招待)を受取る
3.  ビザ申請開始(ご希望の方は弊社提携専門コンサルタントに依頼可能です)
4.  東京または、大阪のビザセンターでバイオメトリクスの提出
5.  ビザ取得・渡航

みなさんからよくお問合せを頂く内容として、特にこのコロナ禍でのビザ申請続きを読む

海外大学進学に有利!最大230万円の奨学金でアメリカの全寮制高校に留学

 

映画で観るようなアメリカの高校に通ってみたい、子供を通わせてみたい、と思ったことがある方は結構多いのではないでしょうか?一方で、漠然としたイメージで入学のハードルが高そう・・費用も高額・・と考えた時に諦めている方も結構多いと思います。

たしかに費用は高額になります。学校により大きく変動しますが、一般的には430万円から770万円ほどかかります。しかしその分、奨学金が充実しているのも事実です!

Life Journeyが提携しているアメリカのほとんどのボーディングスクールでは、様々な種類の奨学金を給付しています。

今回は、その中でも給付額が今特に大きいオススメの学校、「Rivermont Collegiateについてご紹介します。記事の最後に奨学金のご案内がありますので、ぜひ学校の魅力とあわせてご覧ください!

 

そもそも、ボーディングスクールって?

ボーディングスクールとは、学生寮の施設をもつ学校の総称です。全ての生徒が寮生活を送る全寮制と、寮生と通学生の混合形式の場合がありますが、寮で暮らす学生は24時間体制で学校のサポートを受けられます。

 

ボーディングスクールで学ぶことのメリット

学生は、学校独自のカリキュラムにより、米国内・世界中から集まった学生達の中で学ぶことで、英語力や基礎科目の内容はもちろんのこと、リーダーシップクリティカルシンキング問題解決能力ライティングスキルなど、続きを読む

【最大2週間無料】隔離要らず?WITHコロナでも充実のマルタ留学!

※「マルタジュニア留学」の情報はこちら

新型コロナウイルスの影響により、未だ多くの国で入国制限・隔離措置が行われておりますが、政府と医療機関による徹底した対応によりウイルスの蔓延を抑え、留学生の受け入れを積極的に行っている国があります!それが「マルタ共和国」です!

イタリアのすぐ真下に位置する、地中海の島国マルタは、英語を勉強する上で穴場の留学先でもあります!

今回はそんな「マルタの魅力」や「今だけのお得なキャンペーン」についてご紹介します。

1.現地の留学生の声(2021年7月3日更新)

去年マルタ留学を実現されたShizukaさん。まずは現地からの様子をご覧ください♪マルタに行った気分になれちゃうかも?

そして2021年7月時点のマルタの様子をレポートしてくれたので、その内容をシェアします!

【簡単な自己紹介】

日本では新卒で航空会社に入社した後、広報職、フリーアナウンサーをしておりました。
25歳までに海外で起業するという人生の目標を叶えるために、まずは日本を出て十分な英語力を身に着けるとともに海外でマーケットを開拓しようと思い、留学しながら起業の準備をすると決めました。

【マルタを選んだ理由は?】

コロナによる隔離が不要な英語圏だったからです。
最初は消去法でしたが、調べを進めるうちにマルタ ”が” いい!と思いました。

フレンドリーな人々美しい海暖かな気候続きを読む

日本でビザ申請許可を待っている間に無料でお仕事手配!<<実は穴場な>>モントリオールで語学留学

留学やカナダ留学と聞いて思い浮かべるのはやはり、バンクーバーやトロントですか?モントリオールと聞いてピンと来る方も、歴史的な街やフランス語しか通じないということなど、ちょっと馴染みがなかったりハードルが高いイメージはありませんか?

もちろん、第一言語をフランス語とするケベック州はヨーロッパ文化が残っているため、そういった部分も残しながら、実は英語留学を目指す上でバンクーバーやトロントなどの人気都市にはない利点や魅力がたくさんあります!

そんな留学の穴場、「モントリオール」をオススメする理由をこれからご紹介していきます。

 

【公式LINEアカウント↓バナークリックで友達追加!

 

基本情報

モントリオールってどこにあるの?時差、アクセス、気候など

カナダ東部に位置するモントリオールは、トロントから電車で約4時間50分日本からはエアカナダによる直行便があり12時間15分程で到着します。(※現在はコロナの影響でバンクーバーか他の国の経由になります)日本との時差は14時間(サマ-タイム時は13時間)で、気候は夏は温かく冬は寒さが厳しいのが特徴ですが、9月後半頃から壮大なスケールのメープル街道の紅葉を楽しめるという魅力があります。そして厳しい冬の寒さでも、ダウンタウンの地下には巨大な地下街が張り巡らされているため、ショッピングやエンターテイメント、飲食店などの充実したエリアを楽しむことができます。

気になる言語は..?

モントリオールでは、人口の 50% は母国語が英語、同様に 50% がフランス語で、続きを読む

【2021年カナダワーキングホリデー】必須項目ジョブオファー取得のサポート

【新着!】対象地域にバンクーバーとモントリオール、カルガリーが追加されました。

ワーキングホリデーは「休暇」「勉強」「働く」などご自身の希望に合わせた滞在スタイル、最長6ヶ月の就学、フルタイムでの勤務(週40時間)が可能で、自由度が高い人気のビザです。
また、比較的ほかの国に比べて治安の良いカナダは、ワーホリ留学生たちの人気の渡航先でもあります!

しかし新型コロナウイルスの影響から、カナダのワーキングホリデーは2020年から申請プロセスを中止している状況でした。

それがついに!2021年3月1日から定員6500人で、カナダワーキングホリデーの募集が開始されました!
ただ、今回のワーキングホリデービザは例年と異なり、カナダ政府指定のワクチンを完全に摂取していない場合「事前の渡航前に現地雇用先からのジョブオファーが必須」となっています。

2021年9月7日現在 カナダ政府発表の情報

2021年9月7日より、ワクチンを完全に摂取している場合、ワーキングホリデー申請時・及びカナダ入国時のJob offer letterの提出が不要となります。これに伴い、入国時にArriveCANアプリでのワクチン接種証明書の提示が必要となります。

ワクチン未接種の場合は、引き続きJob offer letterの提出が必要です。

※ワクチン完全摂取の対象となるとのは、カナダ政府指定のワクチン(以下記載)を渡航14日間以上迄に摂取していることが条件となります。

【カナダ政府指定ワクチン】
Pfizer-BioNTech (Comirnaty, tozinameran, BNT162b2):ファイザー
・Moderna (mRNA-1273):モデルナ
・AstraZeneca/COVISHIELD (ChAdOx1-S, Vaxzevria, AZD1222):アストラゼネカ
→上記のワクチンは2回接種が必要

・Janssen/Johnson & Johnson

続きを読む