<<ドバイ>>—コロナ最新情報—

<<ビザ/出入国に関して>>

ドバイ

【2022年7月8日更新】

コロナ禍におけるドバイの
水際対策措置

アラブ首長国連邦(UAE)政府は2月26日にドバイへの入国条件を改めました。現在、到着時の隔離措置はありません。

ドバイへの入国は、下記いずれか1つの要件を満たす必要があります。

  • WHOまたはアラブ首長国連邦(UAE)が承認した有効なワクチン接種証明書(QRコード付きのもの)の提示
  • ドバイへの出発予定時刻の48時間前までに発行された有効な PCR検査陰性証明書(承認された医療サービス提供者が発行、QRコード付きのもの)の提示
  • 関係当局発行の有効なQRコード付きコロナ回復診断書の提示(診断書は出発前1ヶ月以内に発行されたもの)

[陰性証明書について]

ワクチン接種証明書またはコロナ回復診断書をお持ちの方に加え、16歳以下の方は必要ありません。

ただし、ドバイを経由して他国に行く予定の方で、最終到着国が陰性証明書を求める場合、出発前48時間以内に受けた陰性証明書の提出が必要です。また、ワクチン接種証明書とコロナ回復診断書の両方をお持ちでない方も、同様に陰性証明書が必要となります。

詳細についてはこちらよりご確認ください。

日本帰国情報【NEW】

9月7日以降、ドバイアラブ首長国連邦からの帰国者については、ワクチン接種証明書(3回)がある場合、出国前72時間以内の陰性証明書は免除になります。ワクチン接種証明書(3回)がない場合、引き続き出国前72時間以内の陰性証明書が必要です。

ワクチン接種の有無に関わらず、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めないことになりました。

必要書類
  • ワクチン接種証明書(緩和措置を希望される方のみ)
  • 陰性証明書(ワクチン接種証明書がない場合)
  • ファストトラック (ファストトラックについてはこちら
  • 質問表(ファストトラックを利用できない方向け)
  • 【推奨】新型コロナウイルス接触確認アプリ 「COCOA」

誓約書は検疫所が確保する宿泊施設または自宅等待機対象の方のみ提出が必要で、ドバイアラブ首長国連邦は対象外です。

帰国に関する詳細はこちらよりご確認ください。

水際対策措置等に関する情報は日々変化します。必ず政府公式サイトで最新情報をご確認ください。