<<アメリカ>>—コロナ最新情報—

<<ビザ/出入国に関して>>

アメリカ

【2022年6月14日更新】

現在、原則ワクチン接種完了者(2回接種以上)のみアメリカへの入国可能です。

※18歳未満の場合、ワクチン摂取証明書は免除され、陰性証明書のみで入国可能です。

アメリカ到着後、PCR検査の実施が推奨されていますが、義務ではありません。到着後、検査を自身で受けて、陽性となった場合は、10日間の隔離が必要です。※7日目に再度にPCR検査受けて陰性であれば、終了することも可能。

【NEW

ワクチン接種済みの方は、入国前のCOVID-19検査の陰性証明の提出が不要になりました。

入国時の必要要件は以下の通りです。

<必要要件>

  • ワクチン接種証明書の提示 
  • ワクチン未接種の方:渡航の1日前までに受けたPCR検査の陰性証明書を英文で用意 ※過去90日以内にコロナから回復したことを証明する英文証明書でも可
  • 米国行きの便に搭乗する前に、航空会社にアメリカ滞在時の連絡先に関する情報を提供
  • 渡航前に宣誓書の提出 →こちらから
  • ロサンゼルス空港をご利用される方はTravelers Formの入力

〜日本への入国・帰国〜

ワクチン摂取(三回目の摂取を含む)を完了がした方は自己隔離が不要です。また、到着後すべての公共交通機関の利用が可能です。

追加摂取(3回目摂取)を行なっていない方は、帰国後の自宅等での7日間の自己隔離が必要です。ただし、帰国日の翌日から3日後に新型コロナウイルス検査を自主的に行い、陰性であればそれ以降の自己隔離をする必要がありません。