<<アメリカ>>—コロナ最新情報—

<<ビザ/出入国に関して>>

【2021年10月24日更新】

アメリカ政府は、11月8日より外国人渡航者はワクチン接種完了が入国の必須条件になることを発表しました。

アメリカ入国の条件

●アメリカ政府は、国外からアメリカへ入国する全ての渡航者に対し、11月8日よりコロナウイルスワクチン接種完了を義務付ける方針を発表しました。こちらは全ての入国経路で適用されます。これまで陰性証明書の提示のみで入国が認められていた空路による渡航者は、陰性証明書のほかワクチン接種完了証明書も必要となります。

【アメリカ入国が認められる対象ワクチン】
ファイザー / モデルナ / ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) / アストラゼネカ / 中国医薬集団(シノファーム) / 科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)

※アメリカ政府が定める「接種完了」は、規定回数のワクチン接種完了日から14日以上の経過が条件となります。接種完了日から14日未満の方やワクチン接種が完了していない方は、入国禁止の対象となるため注意を呼びかけています。

※現在、日本から渡航する際は出発前3日以内に行ったPCR検査による陰性証明書のみでアメリカ入国が可能ですが、11月8日以降はワクチン接種完了証明書も必須となります。

 

【自己隔離期間短縮とその対象者】

●アメリカ政府は、10月1日より入国者に求めていた14日間の自己隔離期間を、条件を満たす者に限り10日間への短縮を認めています。

自己隔離期間短縮の条件

(1)ファイザー社製、モデルナ社製、アストラゼネカ社製 いずれかのワクチン接種が完了していること。※日本時間10月12日より、アストラゼネカ社から技術供与を受けてインド血清研究所が製造した「コビシールド(Covishield)」もアストラゼネカ社製ワクチンと同一として認められます。

(2)ワクチン接種完了日から14日間以上経過していること。

(3)アメリカ入国時における検疫の際に有効なワクチン接種証明書のコピーを提出すること。

(4)入国から10日目以降に新型コロナウイルス検査(PCR検査・抗原検査)を自主的に行い、陰性結果を入国者健康確認センター(厚生労働省)へ提出すること。
※入国1日目は入国日の翌日となります。入国10日目に陰性結果を提出した場合、11日目以降の自己隔離が免除されます。

参照:ESTA

 

【2021年8月2日更新】

2021年8月以降に開始されるプログラム、学校に就学予定の方の学生の渡航が可能になるようです!

州にもよりますが、自主隔離とワクチン接種後の旅行が推奨されています。また、ワクチン接種者への自主隔離免除も始まっています。

現在アメリカに航空機で入国するすべての2歳以上の人は、3日以内にコロナ検査を受け、陰性証明書を提出する必要があります。また、旅行前の90日以内にコロナにかかったことがあるという人は、認可された医療機関より発行されるコロナから回復したという証明書を提出することもできます。

  • 渡航には、入国3日前以内に受けたコロナウイルスの陰性テスト結果の証明が必要です。
  • 旅行開始前までに指定のフォームを提出する必要があります。https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/attachment-a-global-passenger-disclosure-attestation-2021-p.pdf
  • ハワイ州へは、出発前72時間以内に、日本にあるハワイ州認定の医療機関で行ったPCR検査の陰性証明を提出することで、入国後10日間の自己隔離が免除されます
  • ニューヨーク州への旅行の場合は、「トラベラーヘルスフォーム」の記入が必要です。詳しくは下記のURLよりご確認ください。
    https://forms.ny.gov/s3/Welcome-to-New-York-State-Traveler-Health-Form
  • オーストリア、ベルギー、ブラジル、中国、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、インド、イラン、アイルランドで乗り継ぎした場合の入国は現在認められていません。
  • イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリスからの入国は現在認められていません。
  • コロナの対応状況や対策は各州により異なります。
    州別の最新情報に関しては下記URLよりご確認ください。
    https://www.cdc.gov/publichealthgateway/healthdirectories/healthdepartments.html

 

参照:https://www.iatatravelcentre.com/world.php