<<マルタ>>–コロナ最新情報–

マルタ

【2022年7月8日更新】

コロナ禍におけるマルタの
水際対策措置

2022年6月6日より、12歳以下の子供は入国前のPCR検査陰性証明の提出が必要なくなりました。

2022年5月9日以降、マルタへの渡航者はいずれか1つの書類があれば隔離なしで入国が可能になりました。

  • PCR検査の陰性証明書(マルタ入国72時間以内)
  • ワクチン接種証明書
  • 回復証明書(PCR検査による最初の陽性判定から180日以内)

上記の書類を提出できない場合は、10日間の隔離が必要になります。

これまではPassenger Locator Formの提出と、VeriFlyアプリの登録が必要でしたが、この2点が今後、不要になりました。

入国要件に関する詳細はこちらよりご確認ください。

日本の水際対策措置【NEW】

9月7日以降、マルタからの帰国者については、ワクチン接種証明書(3回)がある場合、出国前72時間以内の陰性証明書は免除になります。ワクチン接種証明書(3回)がない場合、引き続き出国前72時間以内の陰性証明書が必要です。

ワクチン3回目接種の有無により、入国時の検疫と待機に関する措置が異なります。

(1)ワクチン3回目接種の方

到着時検査に加え入国後の自宅等待機が免除になります。

(2)ワクチン3回目未接種の方

出国前72時間以内の陰性証明書、到着検査、自宅待機が必要です。

自宅待機3日目に検査を受け、陰性の結果が出た場合、待機が解除されます。検査を受けない場合は、5日間の自宅待機が必要です。

必要書類・アプリ
  • ワクチン接種証明書(緩和措置を希望される方のみ)
  • 陰性証明書(ワクチン接種証明書がない場合)
  • ファストトラック (ファストトラックについてはこちら
  • 質問表(ファストトラックを利用できない方向け)
  • 誓約書(自宅等待機をされる方のみ)
  • MySOSのダウンロード・登録(自宅等待機をされる方のみ)
  • 【推奨】新型コロナウイルス接触確認アプリ 「COCOA」

帰国に関する詳細はこちらよりご確認ください。

水際対策措置等に関する情報は日々変化します。必ず政府公式サイトで最新情報をご確認ください。