<<イギリス>>—コロナ最新情報—

<<ビザ/出入国に関して>>

イギリス

【2022年7月8日更新】

コロナ禍におけるイギリスの
水際対策措置

英国政府は、3月18日より、英国入国の際に定めていた水際措置を全て撤廃する旨を発表しました。

これにより、これまで英国入国の際に義務づけられていた乗客追跡フォームの提出、またワクチンを完全に接種していない方のコロナ検査は必要ありません。

その為、有効なビザを持っている方は全員、コロナへの規制なしに、イギリスに入国することが可能となりました。

上記、イギリス入国に関する詳細はこちらよりご確認ください。

日本の水際対策措置【NEW】

9月7日以降、イギリスからの帰国者については、ワクチン接種証明書(3回)がある場合、出国前72時間以内の陰性証明書は免除になります。ワクチン接種証明書(3回)がない場合、引き続き出国前72時間以内の陰性証明書が必要です。

ワクチン接種の有無によらず、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めないことになりました。

必要書類
  • ワクチン接種証明書(緩和措置を希望される方のみ)
  • 陰性証明書(ワクチン接種証明書がない場合)
  • ファストトラック (ファストトラックについてはこちら
  • 質問表(ファストトラックを利用できない方向け)
  • 【推奨】新型コロナウイルス接触確認アプリ 「COCOA」

誓約書は検疫所が確保する宿泊施設または自宅等待機対象の方のみ提出が必要で、イギリスは対象外です。

帰国に関する詳細はこちらよりご確認ください。

水際対策措置等に関する情報は日々変化します。必ず政府公式サイトで最新情報をご確認ください。